「生命保険・医療保険の選び方NAVI」では保険の見直し、賢い選び方などをご紹介しています。

このホームページについて

このサイトは生命保険・医療保険の見直し、選び方についてご紹介いたします。

生命保険の賢い選び方

生命保険の賢い選び方について、ご紹介します。
生命保険には、どれも「保障」の機能がついているのは当たり前のことなのですが、例えば、貯蓄目的で使える貯蓄型と、そうでないものとが存在しています。
このように生命保険には種類が存在しており、大きく分けると、「定期保険」「養老保険」「終身保険」の3つに大別されます。

まず、「定期保険」とは、掛け捨てとよばれる保険であり、死亡のみを保障する保険です。ゆえに、貯蓄としての要素はなく、途中で解約した場合には、解約返戻金が少ないものが一般的となります。
次に、「養老保険」とは、満期時に生存していた場合、返戻金として保険金額とほぼ同額、さらに配当金もプラスされる保険です。

最後に、「終身保険」とは、文字通り、生涯にわたって保障される保険です。
死亡した場合には、必ず保険金が支払われます。
保険料は、定期保険や養老保険よりも高い傾向にあり、途中解約した場合、解約返戻金は、それまでに払い込んだ保険料の総額よりも少ない場合が多く、各保険会社によって、大きな差が生じる部分でもあります。

生命保険を選ぶ際には、掛け捨ての保険料が安い「定期保険」に加入するか、貯蓄性のある保険に加入するのかが、まず最初の選択肢となります。
どうしても掛け捨ての場合には、損をしていると感じてしまう方が多く、保険料は高いものの、最終的にお金が戻ってくる、貯蓄性のある保険を選ばれる方も少なくありません。
実は、掛け捨ては、若い頃は保険料が安いのですが、更新するたびに保険料が上がっていきます。
一方の貯蓄型の場合には、保険料は高めなのですが、ずっと変わらないという特徴があります。
前述しましたように、掛け捨ての定期保険は、損をしているような気分になるのですが、貯蓄型の保険であっても、途中解約した場合には、定期保険よりも損をしてしまう場合もあります。
定期保険の保険料は、「保障」のみの値段となり、貯蓄型の保険の場合には、「保障」+「貯蓄」の値段となるので、保険料が高くなるのですが、途中解約した場合には、返戻金として戻ってくるのは、「貯蓄」の部分だけとなるからです。

生命保険の選び方としては、ご自分の葬儀費用や相続対策として、ご自分が亡くなった時に保険金が必ず必要だと考えるのであれば、貯蓄型の保険を選択するようにしましょう。
定期保険の場合には、更新を続けても、保険に入れない年齢に達すると、更新できなくなります。
一生涯の保障が欲しい方も、貯蓄型を選択しましょう。また、一時期だけ保険に入っておきたいという方であれば、保険料が安くて済む掛け捨てを選択されることをおすすめします。
お金を貯める・増やすということを、生命保険以外で考えるのであれば、保障だけを得られる掛け捨て保険をおすすめします。